黒部市宇奈月国際会館 セレネ

Art セレネの偉大なる作家たち

宮廻正明
みやさか まさあき

宮廻正明
1951年
島根県松江市に生まれる。
1975年
東京芸術大学美術学部デザイン科に入学。
1979年
東京芸術大学美術学部デザイン科を卒業。東京芸術大学大学院保存修復技術日本画に入学。
1981年
東京芸術大学大学院保存修復技術日本画を修了。同大学非常勤助手となる。平山郁夫に師事。
1983年
第38回春の院展に「春の地」を出品し、初入選する。第68回院展に「山桃彩り」を出品し、初入選する。
1984年
日本美術院院友に推挙される。
1985年
第4回新珠会に出品。第1回アテナ展に出品。
1986年
第41回春の院展に「萌揺」を出品。東京芸術大学非常勤講師となる。
1988年
東京セントラル美術館日本画大賞展に「似合う」を出品し、優秀賞を受賞。
1989年
更生保護誌に表紙と挿画を描く。第74回院展に「甍海一宇」を出品し、奨励賞を受賞。
1990年
第45回春の院展に「太虚」を出品し、奨励賞を受賞。第75回院展に「吉左右」を出品し、奨励賞を受賞。
1991年
第46回春の院展に「浮学」を出品し、奨励賞・外務大臣賞を受賞。第76回院展に「談論風発」を出品し、奨励賞を受賞。初めてインドネシア・バリ島を訪れる。
1992年
第47回春の院展に「軌跡の調」を出品し、奨励賞を受賞。第77回院展に「風の囁き」を出品し、奨励賞を受賞。日本美術院特待に推挙される。
1993年
第48回春の院展に「渡・游・沁」を出品し、奨励賞を受賞。第12回日本美術院奨学金前田青邨賞を受賞。第78回院展に「天写田」を出品し、日本美術院賞を受賞。黒部峡谷の取材を開始する。
1994年
第49回春の院展に「組曲」を出品し、奨励賞を受賞。セレネ美術館にて「現代日本画秀作展~黒部を描く作家たち~」が開催される。黒部を描いた素描を出品。第10回アテナ展に黒部峡谷取材作品「後曳橋」を出品。第79回院展に「絲遊変奏」を出品し、日本美術院賞を受賞。
1995年
東京芸術大学助教授となる。第50回春の院展に「協奏曲」を出品。第1回昊昊会に黒部峡谷取材作品「澄泥双生(柳橋)」を出品。第80回院展に黒部峡谷取材作品「三拍子」を出品。日本美術院同人に推挙される。
1996年
第51回春の院展に「変奏曲」を出品。セレネ美術館にて「宮廻正明―大地とともに」展が開催される。第2回昊昊会に黒部峡谷取材作品「三希月廻(愛本刎橋)」を出品。
1997年
小学館より宮廻正明画文集「大地とともに」が刊行される。
1998年
第83回院展に「水花火」を出品。
1999年
第84回院展に「平均律」を出品し、文部大臣賞を受賞。イランの映画監督アッバス・キアロスタミとの二人展を開催。
2000年
東京芸術大学教授となる。第85回院展に「火焔奏楽」を出品。
2002年
第87回院展に「無伴奏」を出品し、内閣総理大臣賞を受賞。松坂屋美術館・銀座松坂屋・大丸ミュージアム心斎橋にて「宮廻正明展 温風」が開催される。
2003年
小学館より宮廻正明画集「水花火」が刊行される。
2009年
東京藝術大学学長特命 社会連携センター長に就任。
2014年
クローン文化財による「別品の祈り―法隆寺金堂壁画展」を企画。
2018年
東京藝術大学を退任。東京藝術大学名誉教授となる。