黒部市宇奈月国際会館 セレネ

ブログ

短歌のこだまin宇奈月2021

短歌のこだまin宇奈月2021

黒部峡谷の玄関口・宇奈月温泉は、黒部川の電源開発とともに開かれ、自然豊かな癒しの温泉郷として親しまれてきました。開湯して九十八年、多くの文人墨客が訪れ、たくさんの詩歌も詠まれています。
宇奈月温泉・黒部峡谷の魅力と文学的土壌をアピールする集い「短歌のこだま」を今年も開催します。どなたでもご応募、ご参加いただけます。晩秋の黒部で短歌をお楽しみください。

令和3年 11月12日(金)

●米川千嘉子さんと黒部峡谷吟行会

時間 11:00 黒部峡谷鉄道 宇奈月駅集合、トロッコ電車で峡谷探訪 欅平周辺散策
吟行会参加費 2000円(乗車券・昼食込み)

●夜なべ談義 米川千嘉子さんを囲んで

時間 20:00~ 会場 延対寺荘

 

11月13日(土)

●記念講演「馬場あき子の昭和、平成」

講師 米川千嘉子(歌人)

時間 10:00~ 会場 黒部市宇奈月国際会館セレネ

参加費 1000円

米川千嘉子 (よねかわ ちかこ) プロフィール
1959年、千葉県生まれ。早稲田大学在学中に、馬場あき子主宰「歌林の会」入会。85年、角川短歌賞受賞。『夏空の櫂』から『牡丹(ぼうたん)の伯母』まで9冊の歌集がある。若山牧水賞、短歌研究賞、迢空賞等受賞。著書に『四季のことば100話』、『親子で楽しむ子ども短歌教室』(三省堂)ほか。毎日歌壇選者。岡本かの子の短歌についての本を準備中。

 

●投稿歌募集(応募方法)

【歌題】 題詠①「黒部・立山を詠う」、②自由題。投稿は各一首、もしくはどちらか一首でもかまいません(未発表の自作に限ります)
【締め切り】 令和3年10月11日(月)必着
【送付先】 〒938-0282 富山県黒部市宇奈月温泉6-3 セレネ内「短歌のこだま」係
【出詠費】 1,000円 郵便小為替か現金書留にて作品と一緒にお送りください。(題詠①+自由題②各一首の場合も、どちらか一首の場合も出詠費は変わりません)

【選者】 米川千嘉子氏(歌人)
【発表・表彰】 11月13日の記念講演終了後に発表、表彰します。

チラシPDF(短歌のこだま2021)

黒部市宇奈月国際会館セレネ

富山県黒部市宇奈月温泉6-3 TEL.0765-62-2000 HP