黒部市宇奈月国際会館 セレネ

ブログ

令和記念「田渕俊夫」特別展開催中

美術館

展覧会場に入って、まず目に入るのは緑の世界。

色々な草や木が描かれていて、むせ返るような題材なのに

にごりのない清澄な雰囲気に包まれます。

「叢叢賛歌(そうそうさんか)」では若葉の頃から枯れるまでの、

四季を感じることができます。

 

歩みを進めると、きらめくような函館の夜景。

インクブルーの都会を描いた街並みの屏風に、

まるで無数に穴を開けて後ろからライトを当てているような

立体的な輝きをみせています。

セレネ発行の「水の音」という画集にも収められていますので

またご覧になってください。

(箱根・芦ノ湖 成川美術館所蔵のものをお借りしています)

徐々に黒部を描いた絵が多くなってきます。

「流」(十字峡)、「放水」(黒部ダム)、「大地」(黒部川扇状地)、

「黒部・氷筍」、「S字峡」、

十字峡、S字峡などの取材では、自ら断崖絶壁を何時間もかけて

歩いて行かれたそうですが、こんなことを書いていらっしゃいます。

「私は高いところが苦手です。岩にへばりつくようにして写生をしましたが、

その時の怖さが出ていればいいなと思います。」

 

田渕先生!S字峡を観て私には全然怖さは感じられないのですが。

薔薇色に染まったS字峡、優しい母のような印象を受けます。

 

開催日は10月14日(月祝)まで

開館時間は9:00~17:30(入館は17:00まで)

期間中は無休。

皆様、至福の時間を味わいにきてください。