黒部市宇奈月国際会館 セレネ

ブログ

小説の舞台は黒部川扇状地

美術館

美術館出口付近にあるお客様の感想ノートを

いつも楽しく読ませて頂いています。

励まされたり、反省したり。

8月7日の感想文の「田園発港行き自転車」という部分に

目が止まりました。

少しご紹介させてください。横浜からいらっしゃった方です。

 

宮本輝さんの「田園発港行き自転車」を読んで、

黒部の扇状地にあこがれてきました。

本の中に出てきた「愛本橋」って昔は木の橋だったんですね。

田渕俊夫さんのパンフレットの絵とってもすてきです。

【ご説明・田渕俊夫特別展のパンフレットには黒部川扇状地が

描かれた絵がのせられています】

黒部峡谷もすごい迫力ですが、扇状地を客土して田んぼに変えていった

先人の知恵と努力に心から拍手を送ります。

 

とのことです。

私が「田園発港行き自転車」という本に興味を持ったのは、

愛本橋から見た夜の風景がゴッホの「星月夜」と似ていると

書いてあると何かで知ったからです。

不思議なことにゴッホと愛本は不思議な縁があるんです。

そのことは又の機会にお話ししたいと思います。

 

それにしても、小説を読んで、あこがれて来てくださるなんて

嬉しい限りです。